2016年07月08日

短冊に書いた母の願い

昨日の夕方、仕事を終えて母のいる介護施設に行くと、ロビーに七夕の笹が飾られていました。
入居者の方達が願いを書いた短冊が色とりどり、ひらひらしていました。

「歩けるようになりたい」
「早く家に帰れます様に」
「わたしの願いはいいから、その分他の人の願いを叶えてあげてください」

子供のなら、愛らしい願いについつい他の短冊にも手が伸びるのかもしれませんが、胸が詰まってそれ以上見る事ができませんでした。
他のご家族にも見て欲しいけど、残念ながら笹は今日片付けられるそうです。

母の短冊は職員の方にお願いして頂いて帰りました。
必ず願いが叶うその時まで、父の仏壇をひらひら飾ってもらうことにします。

短冊に書いた母の願い




posted by イースエット at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | プライベート